コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶祚 けいそ

2件 の用語解説(慶祚の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慶祚 けいそ

955-1020* 平安時代中期の僧。
天暦(てんりゃく)9年生まれ。天台宗。近江(おうみ)(滋賀県)園城(おんじょう)寺の余慶にまなび,正暦(しょうりゃく)2年灌頂(かんじょう)をうける。その学識をしたって学徒が参集し,園城寺隆盛のもとをつくった。長徳3年北宋(ほくそう)(中国)からおくられてきた新書5部を批判した。寛仁(かんにん)3年12月22日死去。65歳。俗姓は中原。号は竜雲坊先徳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

慶祚

没年:寛仁3.12.22(1020.1.19)
生年:天暦7(953)
平安中期の天台宗僧。生年は天暦1,また天暦9年とも。俗姓は中原氏。勝算に従い,のちに余慶の四神足のひとりに数えられる。円仁系,円珍系門徒の対立のなかで,円珍系の余慶の下山後も比叡山千手院を守ったが,正暦4(993)年に石蔵(京都市左京区岩倉)の大雲寺に移り,さらに園城寺の竜雲坊に住んだ。源信と並び称される学徳で,宋の源清が送ってきた新書五部のうち,『竜女成仏義』を批判する『法華竜女成仏権実疑難』を著した。円融三諦と『摩訶止観』の病患境法門を説いて増賀の病気を治したとの説話もある。慶祚が園城寺に入ったのを契機として衆僧が集まり,同寺の隆盛が始まったという。

(岡野浩二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

慶祚の関連キーワード恵心僧都尊意僧正孝暢元三大師天暦国清寺行真修入禅喜日延(1)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone