コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶祚 けいそ

2件 の用語解説(慶祚の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慶祚 けいそ

955-1020* 平安時代中期の僧。
天暦(てんりゃく)9年生まれ。天台宗。近江(おうみ)(滋賀県)園城(おんじょう)寺の余慶にまなび,正暦(しょうりゃく)2年灌頂(かんじょう)をうける。その学識をしたって学徒が参集し,園城寺隆盛のもとをつくった。長徳3年北宋(ほくそう)(中国)からおくられてきた新書5部を批判した。寛仁(かんにん)3年12月22日死去。65歳。俗姓は中原。号は竜雲坊先徳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

慶祚

没年:寛仁3.12.22(1020.1.19)
生年:天暦7(953)
平安中期の天台宗僧。生年は天暦1,また天暦9年とも。俗姓は中原氏。勝算に従い,のちに余慶の四神足のひとりに数えられる。円仁系,円珍系門徒の対立のなかで,円珍系の余慶の下山後も比叡山千手院を守ったが,正暦4(993)年に石蔵(京都市左京区岩倉)の大雲寺に移り,さらに園城寺の竜雲坊に住んだ。源信と並び称される学徳で,宋の源清が送ってきた新書五部のうち,『竜女成仏義』を批判する『法華竜女成仏権実疑難』を著した。円融三諦と『摩訶止観』の病患境法門を説いて増賀の病気を治したとの説話もある。慶祚が園城寺に入ったのを契機として衆僧が集まり,同寺の隆盛が始まったという。

(岡野浩二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

慶祚の関連キーワード瀧口友里奈オットー[2世]藤原道綱藤原道綱育種民主党の混乱と再生碓井貞光Vladimir大江以言資子内親王

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone