コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正暦 ショウリャク

大辞林 第三版の解説

しょうりゃく【正暦】

年号(990.11.7~995.2.22)。永祚の後、長徳の前。一条天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

しょうりゃく【正暦】

日本の元号(年号)。平安時代の990年から995年まで、一条(いちじょう)天皇の代の元号。前元号は永祚(えいそ)。次元号は長徳(ちょうとく)。990年(永祚2)11月7日改元。近畿地方を襲った台風の凶事を振り払うために行われた(災異改元)。しかし、994年(正暦5)の夏には天然痘(てんねんとう)が流行し、翌年には京の街中に蔓延し始め、路上には病気の者や死者があふれた。この頃、落雷により金剛峯寺(こんごうぶじ)が火災に見舞われた。986年(寛和(かんな)2)の一条天皇の即位後、藤原北家の藤原道隆(みちたか)の昇進がめざましく、父の藤原兼家(かねいえ)の死後に関白、次いで摂政となった。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

正暦の関連キーワード奈良県奈良市菩提山町京都府綾部市寺町藤原高子(2)輔子内親王弘決外典鈔弘決外典抄賀茂保憲女藤原仲文恵子女王丹波忠明昭子女王高岳相如小槻奉親藤原顕信藤原原子藤原妍子藤原家経金剛峯寺穴太豊理藤原兼家

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正暦の関連情報