コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正暦 ショウリャク

3件 の用語解説(正暦の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょうりゃく〔シヤウリヤク〕【正暦】

平安中期、一条天皇の時の年号。990年11月7日~995年2月22日。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しょうりゃく【正暦】

年号(990.11.7~995.2.22)。永祚の後、長徳の前。一条天皇の代。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典の解説

しょうりゃく【正暦】

日本の元号(年号)。平安時代の990年から995年まで、一条(いちじょう)天皇の代の元号。前元号は永祚(えいそ)。次元号は長徳(ちょうとく)。990年(永祚2)11月7日改元。近畿地方を襲った台風の凶事を振り払うために行われた(災異改元)。しかし、994年(正暦5)の夏には天然痘(てんねんとう)が流行し、翌年には京の街中に蔓延し始め、路上には病気の者や死者があふれた。この頃、落雷により金剛峯寺(こんごうぶじ)が火災に見舞われた。986年(寛和(かんな)2)の一条天皇の即位後、藤原北家の藤原道隆(みちたか)の昇進がめざましく、父の藤原兼家(かねいえ)の死後に関白、次いで摂政となった。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

正暦の関連キーワード元号私年号年号逸年号永祚王朝時代平安時代文学平安朝和暦妙法(1)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

正暦の関連情報