コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正暦 ショウリャク

3件 の用語解説(正暦の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょうりゃく〔シヤウリヤク〕【正暦】

平安中期、一条天皇の時の年号。990年11月7日~995年2月22日。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の元号がわかる事典の解説

しょうりゃく【正暦】

日本の元号(年号)。平安時代の990年から995年まで、一条(いちじょう)天皇の代の元号。前元号は永祚(えいそ)。次元号は長徳(ちょうとく)。990年(永祚2)11月7日改元。近畿地方を襲った台風の凶事を振り払うために行われた(災異改元)。しかし、994年(正暦5)の夏には天然痘(てんねんとう)が流行し、翌年には京の街中に蔓延し始め、路上には病気の者や死者があふれた。この頃、落雷により金剛峯寺(こんごうぶじ)が火災に見舞われた。986年(寛和(かんな)2)の一条天皇の即位後、藤原北家の藤原道隆(みちたか)の昇進がめざましく、父の藤原兼家(かねいえ)の死後に関白、次いで摂政となった。

出典|講談社
日本の元号がわかる事典について | 情報

正暦の関連キーワード谷中麻里衣現在価値正暦造幣局TOEFLとTOEIC公益法人改革日本航空国の教育ローンB型肝炎訴訟と基本合意永祚

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

正暦の関連情報