懐手(読み)フトコロデ

デジタル大辞泉の解説

ふところ‐で【懐手】

[名](スル)
和服を着たとき、手を袖から出さずに懐に入れていること。 冬》「―こころ見られしごとほどく/汀女
自分では何もしないこと。拱手(きょうしゅ)。「懐手したまま見過ごす」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふところで【懐手】

( 名 ) スル
和服を着て、腕を袖に通さず懐に入れていること。抜き入れ手。 [季] 冬。 《 -して宰相の器たり /虚子 》
人にまかせて、何もしないこと。 「 -で大儲けする」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

懐手の関連情報