コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

懐手 フトコロデ

デジタル大辞泉の解説

ふところ‐で【懐手】

[名](スル)
和服を着たとき、手を袖から出さずに懐に入れていること。 冬》「―こころ見られしごとほどく/汀女
自分では何もしないこと。拱手(きょうしゅ)。「懐手したまま見過ごす」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふところで【懐手】

( 名 ) スル
和服を着て、腕を袖に通さず懐に入れていること。抜き入れ手。 [季] 冬。 《 -して宰相の器たり /虚子 》
人にまかせて、何もしないこと。 「 -で大儲けする」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

懐手の関連キーワード伝法(無料見物・無銭飲食)のらつく彭徳懐虚子寒椿弥蔵初春宰相和服

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

懐手の関連情報