コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無為 むい wu-wei

7件 の用語解説(無為の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無為
むい
wu-wei

中国哲学において,おもに道家が唱える人間や政治の理想的あり方をいう。儒家は,自分自身の修養から出発して国家全体の統治にまで及ぶ目的を掲げる。これに対して,老荘道家は,それを否定し「無為自然」によってこそ世の中はすべて治まる,と説いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぶ‐い〔‐ヰ〕【無為】

[名・形動]
自然にまかせて、人為を加えないこと。また、そのさま。むい。
「家内も―にして化すとは何よりなり」〈紅葉・二人女房〉
平穏無事なこと。また、そのさま。
「―なる人の家より(死体ヲ)出さんこと、あるべきにあらず」〈宇治拾遺・二〉
[名]むい(無為)2

む‐い〔‐ヰ〕【無為】

[名・形動]
何もしないでぶらぶらしていること。また、そのさま。「せっかくの休日を無為に過ごす」「無為な毎日」「無為無策」
自然のままに任せて、手を加えないこと。作為のないこと。また、そのさま。ぶい。
「日頃忘れていたゆったりした―の歓喜が」〈宮本・伸子〉
《〈梵〉asaṃskṛtaの訳》仏語。人為的につくられたものでないもの。因果の関係を離れ、生滅変化しない永遠絶対の真実。真理。⇔有為(うい)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

むい【無為 wú wéi】

道家思想の根本概念の一つ。道家思想では,一切万物を生成消滅させながらそれ自身は生滅を超えた超感覚的実在ないしは天地自然の理法としての〈道〉のあり方を体得することを窮極の目的とするが,その〈道〉のあり方を示すのが〈無為〉という概念である。〈無為〉とは人為の否定を意味するが,けっして何もしないということではない。それはいっさいの人間的営為を〈偽〉として否定したうえで,天地自然の理法にそのまましたがった真の〈為〉を実現することであり,正確には〈無為の為〉なのである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぶい【無為】

( 名 ・形動ナリ )
むい(無為) 」に同じ。 「 -を業とし、無事を事とす/太平記 1
ぶい(無異) 」に同じ。 「天下久しく-なるまじき表示なりけり/太平記 12
〘仏〙 「 むい(無為) 」に同じ。 「恩を棄てて-に入る道も/太平記 10
[句項目]

むい【無為】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
あるがままにして作為しない・こと(さま)。ぶい。 「 -渾沌こんとんにして人事少なき世に在ありては/文明論之概略 諭吉」 → 無為自然
何もせずぶらぶらしている・こと(さま)。 「 -徒食」 「 -無策」 「毎日を-に過ごす」 「 -な日常生活」
〘仏〙 因果関係に支配される世界を超えて、絶対に生滅変化することのないもの。すなわち、涅槃ねはん・真如しんによといった仏教の絶対的真理のこと。無為法。ぶい。 ↔ 有為うい
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

無為
むい

中国古代の道家(どうか)思想の術語。処世のうえでことさらな作為をしないこと、自然にあるがままのふるまいでいること。世事にとらわれ私欲にひかれて、人間的なこざかしい知恵を巡らすところに、かえって人間の不幸が生まれると考え、現象の奥にある根源的な「道(どう)」の立場に立ち返って、その絶対的な理法性に拠(よ)り従い(因循(いんじゅん))、人間的なさかしらを捨てた自然なあり方に従うことによって、個人的な平安と政治的な成功が得られるという。「無為であればすべてが成し遂げられる」「為政者が無為であれば民は自(おの)ずからに治まる」などといわれる。「無為を為す」ということばもあるように、文字どおり何もしないことではなく、ことさらなしわざの跡を残さないあり方をすることである。「自然」「無知」「無欲」などの語と連用され、また人間を超えた「道」や「天」の働きとして、無私の公的な性格において理想化して説かれる。漢初に流行した黄老(こうろう)思想は無為の政術であった。[金谷 治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

無為の関連キーワード淮南子教学局見性成仏荘周道家列子思想の自由無為自然木村周市朗

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

無為の関連情報