コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 カイ

6件 の用語解説(懐の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かい〔クワイ〕【懐】

心中の思い。「を述べる」

かい【懐〔懷〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]カイ(クヮイ)(漢) [訓]ふところ なつかしい なつかしむ なつく なつける おもう いだく
〈カイ〉
胸中にいつまでも思いをいだく。心にいだく思い。「懐疑懐旧懐古感懐述懐所懐素懐坦懐(たんかい)追懐抱懐本懐
中に包みいだく。「懐石懐胎懐妊
だき込んで手なずける。「懐柔
ふところ。「懐剣懐紙懐中懐炉胸懐
〈ふところ(ぶところ)〉「懐刀懐手内懐
[名のり]かぬ・かね・きたす・たか・ちか・つね・もち・やす

ふところ【懐】

衣服を着たときの、胸のあたりの内側の部分。懐中。「受け取った金をにしまう」
前に出した両腕と胸とで囲まれる空間。「横綱のに入り込む」
周りを山などに囲まれた奥深い場所。「山のを切り開く」
外界から隔てられた安心できる場所。「親ので不自由なく育つ」「大自然のに抱かれる」
物の内部。内幕。「敵のに飛び込む」
持っている金。所持金。「他人のをあてにする」「と相談する」
胸の内の考え。胸中。「見透かす

ほほ【懐】

ふところ。懐中。
「文を受け取り―に入れ」〈仮・竹斎・上〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ふところ【懐】

衣服、特に和服におおわれた胸のあたり。 「財布を-に入れる」
山などに周りを囲まれた所。 「山の-」
に入れて持っている金。所持金。 「人の-を当てにする」 「 -がさびしい」
胸中。心中。腹。 「 -を見すかす」
外部から隔てられている所。内部。内側。 「敵の-深く入る」
ふところご(懐子) 」に同じ。 「そこをば-といふばかりにおほし立て奉りしかば/宇津保 蔵開下

ほほ【懐】

ふところ。懐中。 「帯しながら-へ入れてじつと抱きしめ/浮世草子・一代男 1

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

懐の関連キーワード

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

懐の関連情報