コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイ

デジタル大辞泉の解説

かい〔クワイ〕【懐】

心中の思い。「を述べる」

かい【懐〔懷〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]カイ(クヮイ)(漢) [訓]ふところ なつかしい なつかしむ なつく なつける おもう いだく
〈カイ〉
胸中にいつまでも思いをいだく。心にいだく思い。「懐疑懐旧懐古感懐述懐所懐素懐坦懐(たんかい)追懐抱懐本懐
中に包みいだく。「懐石懐胎懐妊
だき込んで手なずける。「懐柔
ふところ。「懐剣懐紙懐中懐炉胸懐
〈ふところ(ぶところ)〉「懐刀懐手内懐
[名のり]かぬ・かね・きたす・たか・ちか・つね・もち・やす

ふところ【懐】

衣服を着たときの、胸のあたりの内側の部分。懐中。「受け取った金をにしまう」
前に出した両腕と胸とで囲まれる空間。「横綱のに入り込む」
周りを山などに囲まれた奥深い場所。「山のを切り開く」
外界から隔てられた安心できる場所。「親ので不自由なく育つ」「大自然のに抱かれる」
物の内部。内幕。「敵のに飛び込む」
持っている金。所持金。「他人のをあてにする」「と相談する」
胸の内の考え。胸中。「を見透かす」

ほほ【懐】

ふところ。懐中。
「文を受け取り―に入れ」〈仮・竹斎・上〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふところ【懐】

衣服、特に和服におおわれた胸のあたり。 「財布を-に入れる」
山などに周りを囲まれた所。 「山の-」
に入れて持っている金。所持金。 「人の-を当てにする」 「 -がさびしい」
胸中。心中。腹。 「 -を見すかす」
外部から隔てられている所。内部。内側。 「敵の-深く入る」
ふところご(懐子) 」に同じ。 「そこをば-といふばかりにおほし立て奉りしかば/宇津保 蔵開下

ほほ【懐】

ふところ。懐中。 「帯しながら-へ入れてじつと抱きしめ/浮世草子・一代男 1

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

懐の関連キーワード懐良親王(かねながしんのう)茨城県ひたちなか市殿山町小田原提灯・小田原提燈衣装尽くし・衣装尽しションシュワンホワイ合うたり叶うたりポントーホワイどすを呑む征西将軍宮懐を肥やす懐が寂しい懐を暖める松平権十郎無布施経浮世草子欠が立つ懐にする花山天皇三宅石庵懐良親王

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

懐の関連情報