コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

懲毖録 ちょうひろく

1件 の用語解説(懲毖録の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうひろく【懲毖録】

朝鮮,16世紀末の書。著者は柳成竜。壬辰・丁酉倭乱(文禄・慶長の役)の過程を,戦争の様相,義兵の活躍,明軍との関係,李舜臣らの人物像などについて,直接の担当者であった著者が,体験をもとに後世へのいましめとして詳述している。1598年の作で,初刊は1633年(《西厓集》に収録)と推定される。日本でも1695年に京都大和屋から刊行,現代語訳は朴鍾鳴訳注本などがある。【矢沢 康祐】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

懲毖録の関連キーワード金俊根世紀病平安時代李氏朝鮮倭寇著者エゲル城豊臣秀吉の朝鮮侵略金誠一柳成竜

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone