コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳成竜 りゅう せいりゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳成竜 りゅう-せいりゅう

1542-1607 朝鮮王朝の官僚。
中宗37年10月11日生まれ。1566年文科に及第壬辰倭乱(じんしんわらん)(文禄(ぶんろく)の役)の際,兵曹判書(軍務長官),都体察使(諸将の監督),領議政(宰相)などをつとめ,李舜臣を登用して日本軍の撃退に成功する。戦後「懲毖録(ちょうひろく)」をあらわした。宣祖40年5月6日死去。66歳。字(あざな)は而見(じけん)。号は西厓。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうせいりゅう【柳成竜 (R)Yu Sŏng‐nyong】

1542‐1607
朝鮮,李朝の文臣。字は而見。号は西厓。李退渓に学ぶ。壬辰倭乱(文禄の役)の際,左議,領議政,兵曹判書,都体察使をつとめる。1591年,豊臣秀吉の侵略の危険を察し,金誠一の対日派遣,李舜臣の登用などを行い,防衛体制の整備につとめた。しかし国内の動揺をさけるため,金誠一とともに〈日本の侵略はない〉と主張したので,戦争が起こると一時失脚させられたが,やがて復職し,内政・外交(対明関係)に努力し,日本軍の撃退に功績をあげた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の柳成竜の言及

【懲毖録】より

…朝鮮,16世紀末の書。著者は柳成竜。壬辰・丁酉倭乱(文禄・慶長の役)の過程を,戦争の様相,義兵の活躍,明軍との関係,李舜臣らの人物像などについて,直接の担当者であった著者が,体験をもとに後世へのいましめとして詳述している。…

※「柳成竜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

柳成竜の関連キーワード沈惟敬(しんいけい)10月1日朝鮮王朝

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android