成果等級制度

人材マネジメント用語集の解説

成果等級制度

・資格等級区分成果(アウトプット)で行う仕組み。
・対象者が上げた成果についてその内容等に応じて等級・報酬を定める制度
・成果(業績)等を強く求める仕事においては非常に高い動機付けが可能、環境変化が激しい事業等にも用いることが容易等のメリットがあるが、成果(業績)にのみフォーカスするため、組織としての協調性に欠ける等といったデメリットがある。

出典 (株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android