コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成瀬正武 なるせ まさたけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

成瀬正武 なるせ-まさたけ

?-1616* 江戸時代前期の武士。
成瀬正一の3男。2代将軍徳川秀忠の小姓。5000石を領し,のち小姓組番頭(ばんがしら)となる。大坂の陣では秀忠と家康の間の使者として活躍した。参内にしたがったとき女院の侍女と酒食をともにしたことが発覚,元和(げんな)元年11月27日死を命じられた。通称は清吉。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

成瀬正武の関連キーワード本多正信坂崎直盛ベレン後金三条藩高田藩日光東照宮エリザベス朝演劇東北振興