酒食(読み)しゅしょく

精選版 日本国語大辞典「酒食」の解説

しゅ‐しょく【酒食】

〙 酒と食物。また、酒を飲み、食事をすること。しゅし。しゅしい。
※延喜式(927)五〇「凡公宴賜酒食。親王以下皆列庭中再拝」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)残「けふの酒食(シュショク)は価千金、真に崐山(こんさん)の片玉なり」 〔詩経‐小雅〕

さけ‐くらい ‥くらひ【酒食】

〘名〙 (「さけぐらい」とも) 大酒飲み。のんべえ。
※仮名草子・仁勢物語(1639‐40頃)上「摺切(すりきり)と名にこそ立てれさけくらひ何時も稀なる銭も持けり」

しゅ‐しい【酒食】

〘名〙 =しゅしょく(酒食)落葉集(1598)〕
翁問答(1650)下「今の士を見るに、〈〉甘美(かんび)の酒食(シュシイ)にあけるのみにて」

しゅ‐し【酒食】

〘名〙 酒とめし。しゅしょく。しゅしい。〔文明本節用集(室町中)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android