コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成瀬正一 なるせ まさかず

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

成瀬正一 なるせ-まさかず

1538-1620 戦国-江戸時代前期の武将。
天文(てんぶん)7年生まれ。成瀬正頼(まさより)の子。三河(愛知県)の人。武田信玄らにつかえたのち徳川家康の家臣となる。天正(てんしょう)9年の遠江(とおとうみ)(静岡県)高天神城奪還などではたらく。甲斐(かい)奉行や近江(おうみ)(滋賀県)浅井郡代官をつとめた。元和(げんな)6年6月28日死去。83歳。通称は吉右衛門。

成瀬正一 なるせ-しょういち

1892-1936 大正-昭和時代前期のフランス文学者。
明治25年4月26日生まれ。東京帝大在学中に菊池寛らと第4次「新思潮」を創刊する。大正10-14年フランスに留学ののち,15年九州帝大教授。昭和11年4月13日死去。45歳。神奈川県出身。訳書ロマン=ロラントルストイ」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

成瀬正一の関連キーワード成瀬正成成瀬正武

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android