成瀬正一(読み)なるせ まさかず

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

成瀬正一 なるせ-まさかず

1538-1620 戦国-江戸時代前期の武将。
天文(てんぶん)7年生まれ。成瀬正頼(まさより)の子。三河(愛知県)の人。武田信玄らにつかえたのち徳川家康の家臣となる。天正(てんしょう)9年の遠江(とおとうみ)(静岡県)高天神城奪還などではたらく。甲斐(かい)奉行や近江(おうみ)(滋賀県)浅井郡代官をつとめた。元和(げんな)6年6月28日死去。83歳。通称は吉右衛門。

成瀬正一 なるせ-しょういち

1892-1936 大正-昭和時代前期のフランス文学者。
明治25年4月26日生まれ。東京帝大在学中に菊池寛らと第4次「新思潮」を創刊する。大正10-14年フランスに留学ののち,15年九州帝大教授。昭和11年4月13日死去。45歳。神奈川県出身。訳書ロマン=ロラントルストイ」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android