成熟債権国(読み)せいじゅくさいけんこく(英語表記)mature creditor country

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

成熟債権国
せいじゅくさいけんこく
mature creditor country

債権国としての後半の段階を指す。一国の国際収支は経済の発展段階に応じて姿を変えるという考え方による。債権国として未成熟の段階では,貿易収支,経常収支が黒字資本収支赤字となるが,成熟段階に達すると,貿易収支の赤字を貿易外収支の黒字が補い,資本収支は依然として赤字になるという。この段階では過去の資産の蓄積から得られる金利収入によって輸入を賄うことになり,いわば年金生活者のような段階であると説明される場合もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android