コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成田小三郎 なりた こさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

成田小三郎 なりた-こさぶろう

?-? 鎌倉-南北朝時代の医師。
元徳3=元弘(げんこう)元年(1331)後醍醐(ごだいご)天皇が笠置にのがれ,翌年隠岐(おき)に配流されたとき,供をし医術をもってつかえた。正慶(しょうきょう)2=元弘3年天皇の隠岐脱出に際し,名和長年を説いて天皇方につけるのに功があった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

成田小三郎の関連キーワード南北朝時代元徳

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android