コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名和長年 なわながとし

8件 の用語解説(名和長年の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

名和長年
なわながとし

[生]?
[没]延元1=建武3(1336).3.30. 京都
南北朝時代初期の武将。伯耆国名和の豪族。行高の子。元弘3=正慶2 (1333) 年閏2月隠岐を脱出した後醍醐天皇を伯耆船上山に迎え,鎌倉幕府軍を撃退した。その功により伯耆国を与えられ伯耆守に任じられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なわ‐ながとし【名和長年】

[?~1336]南北朝時代の武将。伯耆(ほうき)の人。前名、長高。元弘3=正慶2年(1333)後醍醐天皇が隠岐(おき)を脱出するとこれを船上山(せんじょうざん)に迎えて鎌倉幕府軍と敵対。建武政権では要職を務めたが、のち、足利尊氏と戦って戦死。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

名和長年【なわながとし】

南北朝時代の武将。伯耆(ほうき)の豪族。1333年隠岐(おき)を脱出した後醍醐天皇を伯耆の船上山に迎え討幕軍に加わった。建武新政で因幡(いなば)・伯耆の守護,記録所・雑訴決断所の寄人(よりうど)となる。
→関連項目船上山名和[町]名和神社

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

名和長年 なわ-ながとし

?-1336 鎌倉-南北朝時代の武将。
正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年後醍醐(ごだいご)天皇を擁して伯耆(ほうき)(鳥取県)船上山(せんじょうさん)で挙兵。建武(けんむ)政権では記録所の寄人(よりゅうど)などをつとめる。建武3=延元元年足利尊氏を京都で撃退したが,のちふたたび京都入りした尊氏軍に敗れ,同年6月30日戦死。伯耆出身。初名は長高。通称は又太郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

名和長年

没年:建武3/延元1.6.30(1336.8.7)
生年:生年不詳
鎌倉後期・南北朝時代の武将。初名長高,伯耆守。行高の子。父行高の代までは伯耆国長田に居住して長田氏を名乗っていたが,長高のとき同国汗入郡名和(鳥取県名和町)に移住して名和氏を称した。良港名和湊を領有し,日本海沿岸の商業活動によって富を蓄えた。正慶2/元弘3(1333)年閏2月,後醍醐天皇が隠岐を脱出して伯耆に上陸すると,長高は天皇を迎えて船上山に布陣し,佐々木清高の率いる幕府軍の攻撃を退けた。この功により,天皇から「年」の字を与えられて,長年と改名し,同時に家紋をも賜ったと伝えられている。同年5月23日,天皇が船上山を出発して京都に向かうと長年も天皇軍に随従した。建武政権下では,記録所,雑訴決断所の寄人,東市正などに任命され,天皇の身辺警護に当たるなど栄耀をきわめた。世人は長年の栄華を「三木一草」(後醍醐の忠臣4人の称)と称して羨んでいる。子義高も戦功により,肥後国八代荘を与えられた。建武1(1334)年10月,天皇の命令により護良親王を清涼殿で捕縛し鎌倉へと送った。建武の乱では,いったん足利尊氏軍を破って九州へと敗走させたが,勢力を盛り返した尊氏軍が入京するや天皇を奉じて叡山に避難した。建武3/延元1(1336)年6月30日,京中へ打って出たものの,大宮通り一条の合戦(『梅松論』では三条猪熊の合戦という)で戦死をとげた。

(佐藤和彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

なわながとし【名和長年】

?‐1336(延元1∥建武3)
建武新政期の武将。当初,伯耆国長田(ながた)荘を名字の地とし,長田又太郎長高といったが,長講堂領稲積荘内と推定される名和に館を構え,名和氏を称し,富裕な人として知られた。この荘の海辺には天皇家の御厨(みくりや),賀茂社領など海民の拠点があり,のちに後醍醐天皇が長年に与えたという帆掛船の紋や,《蔗軒日録》に彼が鰯売(いわしうり)の商人と伝えられている点からみて,名和氏は海民を基盤にもつ廻船人,商人と関係があったものと思われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

なわながとし【名和長年】

?~1336) 南北朝時代の武将。伯耆ほうきの豪族。通称、又太郎。隠岐を脱出した後醍醐天皇を船上山せんじようせんに迎えて挙兵、鎌倉幕府軍を破る。建武政権に重きをなしたが、のち足利尊氏を京都に迎え撃ち戦死。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

名和長年
なわながとし
(?―1336)

建武(けんむ)政権期に活躍した伯耆(ほうき)国(鳥取県)の豪族。もとの名を長田又太郎長高といったが、やがて名和の地に住し、名和氏を称するようになった。1333年(元弘3・正慶2)後醍醐(ごだいご)天皇が隠岐(おき)から脱出したとき、これを支持して船上山(せんじょうさん)に迎え、その強大な富力を背景に幕府軍と敵対し天皇の信任を得る。建武政権のもとでは伯耆守(かみ)に任ぜられ、恩賞方、記録所、雑訴決断所など新政の機関の一員として重要な地位を占め、また、京都の商業活動を管理する東市正(ひがしのいちのかみ)に就任するなど、異例の栄達を遂げる。しかし36年(延元1・建武3)6月、九州から東上し入京してきた足利尊氏(あしかがたかうじ)の軍勢と争って京都で戦死した。[酒井紀美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の名和長年の言及

【三木一草】より

…後醍醐天皇の建武政権で重用されはぶりのよかった4人の総称。楠木正成名和長年,結城親光,千種(ちぐさ)忠顕のこと。楠木・結城は姓に,名和は伯耆守で官名に〈キ〉がつき,それに千種の〈クサ〉をとって〈三木一草〉としゃれていったもの。…

【名和氏】より

…中世南朝方の有力武家。村上源氏右大臣顕房の子孫と伝え,鎌倉時代行盛が配流され伯耆国長田邑を領し長田氏を称したという。長年は同国名和荘に住し名和氏を称したが,1333年(元弘3)隠岐に配流された後醍醐天皇を船上山に迎えてこれを助け,その功により建武政権から伯耆守に任じられ,因・伯2国を領した。しかし36年(延元1∥建武3)京都で足利尊氏勢と戦い子息らとともに討死した。孫の顕興は伯父義高が地頭職を得ていた肥後国八代荘に一族をあげて下向し,以後肥後南朝方の一中心となった。…

※「名和長年」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

名和長年の関連キーワード世尊寺伊俊藤原為定伊賀兼長高津長幸土岐頼清南部政行船田経政松浦定茂木知世由良光氏

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone