コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成長層理 せいちょうそうりgrowth bedding

岩石学辞典の解説

成長層理

その場での有機体の活動,または層理の表面の上に物質が化学的に沈澱することによる堆積物の成層作用.石灰岩や石灰華堆積物,トラバーチンなどでは層理が成長することが普通に見られる.藻類によるストロマトライトの層理の形成は層理の成長の一つである[Pettijohn : 1975].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android