戦時占領(読み)せんじせんりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

交戦国が敵国領土を事実上軍の権力下におくことをいう。保障占領平時封鎖に対するもの。一時的な敵地への侵入とは異なり,占領した地域において秩序維持のための支配権が確立していなければならない。したがって,占領の範囲は,占領軍の権力が確立され,行使されうる地域だけに及び,領土権の変更をもたらす効果をもつものではない。占領軍の権利義務についてはハーグ陸戦法規,ジュネーブ第4条約 (文民条約) などに規定がある。特に,占領地住民の生命・身体・私有財産は尊重されなければならない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

戦時占領の関連情報