コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戦時補償 せんじほしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戦時補償
せんじほしょう

一般的には,戦争によって民間の財産に損害を生じた場合に,政府がその損害を補償することをいう。日本では第2次世界大戦中に,政府が国家総動員法軍需会社法などにより約束した戦時補償が,軍需補償も含めて約 1500億円に上った。そして,敗戦によりその履行は戦後に持越された。ところが,疲弊した戦後経済のなかで補償は財政上きわめて困難となり,加えて連合国側が経済民主化方針に基づき打切りを要求したため,1946年戦時補償特別措置法によって,事実上補償は行われなかった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

戦時補償の関連情報