戦略提携(読み)せんりゃくていけい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戦略提携
せんりゃくていけい

企業間競争に勝残るために,他社提携してその他の企業と競争する企業提携をいう。大企業間の実際の競争はほとんどこの形態をとるといっていい。具体的な結託の方法で最も劇的なものは合併であるが,実際には各種の提携が圧倒的に多い。そのなかで最も強固な関係を築けるのは資本提携で,そのほか技術提携,販売提携,人材提携などがある。典型的な国際資本提携は,トヨタとゼネラル・モーターズ GMなど,自動車メーカーにおいて多くみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

戦略提携の関連情報