コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戦略提携 せんりゃくていけい

2件 の用語解説(戦略提携の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戦略提携
せんりゃくていけい

企業間競争に勝残るために,他社と提携してその他の企業と競争する企業提携をいう。大企業間の実際の競争はほとんどこの形態をとるといっていい。具体的な結託の方法で最も劇的なものは合併であるが,実際には各種の提携が圧倒的に多い。そのなかで最も強固な関係を築けるのは資本提携で,そのほか技術提携,販売提携,人材提携などがある。典型的な国際資本提携は,トヨタとゼネラル・モーターズ GMなど,自動車メーカーにおいて多くみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

戦略提携【せんりゃくていけい】

企業経営において,自社の弱みを補完,あるいは強みを補強するために,他社と提携・協力関係を結び,利害やリスクを共有すること。背景としては,開発コストの増加,市場規模のグローバル化などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

戦略提携の関連情報