弱み(読み)よわみ

精選版 日本国語大辞典「弱み」の解説

よわ‐み【弱み】

〘名〙 (「み」は接尾語)
① 弱い様子。弱い気味。弱い感じ。また、その度合。
※島津家文書‐文祿二年(1593)五月朔日・豊臣秀吉朱印状案「城を拵候事は、よはみの時可持ために候処」
② 他に対してその人が持っている弱いところ。他人や相手に対して不利な点。弱点
※日葡辞書(1603‐04)「Youamiuo(ヨワミヲ) ミスル」
※浄瑠璃・吉野都女楠(1710頃か)一「彦七五体縮め共よはみを見せじと大をん上」
※稲の穂(1842‐幕末頃)「下直に成るべき風聞するを弱味が有ると言」

よわ‐み【弱み】

(形容詞「よわい」の語幹に「み」の付いたもの。→) 弱いので。
万葉(8C後)一二・三〇八一「玉の緒を片緒に搓(より)て緒を弱彌(よわミ)乱るる時に恋ひざらめやも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「弱み」の解説

よわ‐み【弱み】

弱いこと。また、その程度。
弱いところ、劣っている点。弱点。また、他人に対して後ろめたいと思っているところ。「弱みをみせる」「相手の弱みを握る」「人の弱みにつけこむ」⇔強み
[類語]弱点ウイークポイント泣き所短所難点欠陥くせ遜色欠点盲点瑕疵かし瑕瑾かきんあら負い目引け目付け目デメリットハンディキャップ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android