強み(読み)つよみ

精選版 日本国語大辞典「強み」の解説

つよ‐み【強み】

〘名〙 (形容詞「つよい」の語幹に接尾語「み」のついたもの)
① つよい様子。つよい気味。また、その度合。〔ロドリゲス日本大文典(1604‐08)〕
② 頼りになる点。そのものをくさせている要素。利点
※コンテムツスムンヂ(捨世録)(1596)三「ナニタル tçuyomimo(ツヨミモ) カウリョクト ナラズ」
※半チョッパリ(1971)〈李恢成〉四「こっちは〈現役〉の強みがあったのだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「強み」の解説

つよ‐み【強み】

強いこと。また、その程度。「一段と強みを増す」⇔弱み
頼んで力とするに足る点。「語学の達者なことが彼の強みだ」⇔弱み
[類語](2売り長所特長見どころ取り柄美点身上魅力持ち味特色特質特性本領売り物真価真骨頂真面目本調子セールスポイントチャームポイントストロングポイントメリット

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android