戦闘帽(読み)セントウボウ

大辞林 第三版の解説

せんとうぼう【戦闘帽】

日本の軍隊で戦時にかぶった略帽。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せんとう‐ぼう【戦闘帽】

〘名〙 旧日本陸軍で戦時にかぶった略式の帽子。および、旧日本海軍の第三種軍装の際の帽子。また、第二次世界大戦中、国民服着用の際にかぶったカーキ色の帽子。
※黄金伝説(1946)〈石川淳〉「わづかに火災の夜にかぶって出た戦闘帽ひとつあるばかりだが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の戦闘帽の言及

【軍服】より

…シベリア出兵(1918‐25)の厳寒地の戦闘は,重装備の防寒服を作製させたが,その重量は,兵士の命取りともなった。満州事変で大量に使用した鉄兜は,その下にかぶれる軽い布の帽子を必要とし,日中戦争勃発(1937)の翌年に戦闘帽を制定する。同時に詰襟の軍服を開襟にもできる折襟に改め,肩章をやめて襟章とし,襟の兵科識別は胸の山形線にとりかえた。…

※「戦闘帽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

戦闘帽の関連情報