戯奴(読み)ワケ

デジタル大辞泉の解説

わけ【戯奴】

[代]
一人称の人代名詞。自分を謙遜していう語。わたくしめ。
「我(あ)が君は―をば死ねと思へかも逢ふ夜逢はぬ夜二走るらむ」〈・五五二〉
二人称の人代名詞。目下の相手を親しみを込めて、半ばののしるようにいう語。おまえ。そち。
「―がため我(あ)が手もすまに春の野に抜ける茅花(つばな)そ召して肥えませ」〈・一四六〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

わけ【戯奴】

( 代 )
一人称。自分のことを卑下していう語。わたくしめ。 「我が君は-をば死ねと思へかも逢ふ夜逢はぬ夜二走るらむ/万葉集 552」 「我が君に-は恋ふらし賜たばりたる茅花つばなを食めどいや痩せに痩す/万葉集 1462
二人称。目下の者に対して親しみを込めていう語。おまえ。 「 -がため我が手もすまに春の野に抜ける茅花ぞ召して肥えませ/万葉集 1460」 「昼は咲き夜は恋ひ寝る合歓木ねぶの花君のみ見めや-さへに見よ/万葉集 1461

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

わけ【戯奴】

〘代名〙
① 自称。自己を卑下して用いる。
万葉(8C後)四・五五二「吾が君は和気(ワケ)をば死ねと思へかも会ふ夜会はぬ夜ふた走るらむ」
② 対称。目下の相手に対して、ののしって呼びかける表現をとりながら、親しみの情を含ませて用いる。
※万葉(8C後)四・七八〇「黒木取り草も刈りつつ仕へめど勤(いそ)しき和気(ワケ)と誉めむともあらず」
[補注]「わけ」は「若(わか)」と同語源で、未熟者、幼稚な者の意が原義かといわれる。用例は、いずれも諧謔味をもったものである。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android