戯開帳(読み)おどけかいちょう

精選版 日本国語大辞典「戯開帳」の解説

おどけ‐かいちょう ‥カイチャウ【戯開帳】

〘名〙 寺社開帳を利用して開く興行の一つ。初めは客を引き止めておくために、乾物干魚で三尊物、不動明王などの仏像、武器などいろいろな物を作り、客が大勢集まると、勝手道具や小間物を尊い宝物に見たててこっけいなことばで説明したり、おもしろい法談をしたりする興行。とんだ霊宝。〔随筆・皇都午睡(1850)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android