コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸山ヶ原 トヤマガハラ

大辞林 第三版の解説

とやまがはら【戸山ヶ原】

東京都新宿区にあった原。旧陸軍が練兵場などに使用。現在は住宅・文教地区。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戸山ヶ原
とやまがはら

東京都新宿区のほぼ中央部にある地域名。江戸時代、尾張徳川家の下屋敷があり、今も残る箱根山(44.6メートル。旧東京市内最高地)は、当時の築山(玉円峰)で、相模(さがみ)の箱根山に見立てて、庭内を旅する趣向につくられていたという。明治以降、陸軍用地となり、陸軍戸山学校や射撃場・演習場に使用された。第二次世界大戦後は、住宅・文教地区となり、戸山ハイツ、国立国際医療研究センター、早稲田大学文学部などがある。[沢田 清]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

戸山ヶ原の関連キーワード東京都新宿区百人町沢田

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android