コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸川秀安の母 とがわ・ひでやすのはは

1件 の用語解説(戸川秀安の母の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

戸川秀安の母

生年:生没年不詳
戦国時代武家の女性。夫富川定安の死後,息子秀安(戸川と改姓)と妹の2子が残されたが,兄の出世の足手まといになるとして,妹を池に投げ込んで殺したと伝えられる。宇喜多忠家の乳母となり,のち岡総兵衛と再婚。生まれた子に軍事を教えるなど,武芸に秀でていたともいう。

(真下道子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戸川秀安の母の関連キーワード常盤武家方武家屋敷咄衆弓衆犬御前戸川秀安母梅窓院妙喜由良妙印尼

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone