コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸次道雪 へつぎ どうせつ

世界大百科事典 第2版の解説

べっきどうせつ【戸次道雪】

?‐1585(天正13)
戦国末期の武将。名は鑑連(あきつら)。大友義鎮(宗麟)の加判衆で勇将として武名をはせた。1563年(永禄6)毛利との和平に活躍。筑前国立花城主立花鑑鎮を討ち,71年(元亀2)立花の名跡を継ぎ筑前一国を支配した。85年筑後高良山下北野の陣中に没した。道雪は,若くして雷にうたれて足を傷つけたため手輿に乗って軍陣の指揮をしたとされるが,疑問視する説もある。【高木 傭太郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

戸次道雪の関連キーワード立花宗茂高橋紹運戸次鑑連

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android