コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手輿 シュヨ

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐よ【手×輿】

たごし(手輿)」に同じ。

た‐ごし【手×輿/×輿】

輿の一。前後二人で轅(ながえ)を手で腰の辺りに持ち添えて運ぶ乗り物。てごし。ようよ。

て‐ごし【手×輿】

たごし」に同じ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の手輿の言及

【轎】より

…かごかき(輿丁,轎伕)が人を乗せて前後から舁(か)いてゆく駕籠(かご),輿(こし)をいう。轎には手で轅(ながえ)を腰のあたりにもたげて担ってゆく手輿(たごし),腰輿(ようよ)と,轅を肩にかつぎ上げて運ぶ肩輿(かたごし)(あげごし)とがある。
[中国]
 現代漢語では〈轎子〉と総称する。…

※「手輿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

手輿の関連キーワード戸次道雪塵取り呻吟ふ四方輿下げ輿駕籠肩輿腰輿

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手輿の関連情報