コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸沢百花羞 とざわ ひゃっかしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戸沢百花羞 とざわ-ひゃっかしゅう

1873-1913 明治-大正時代の俳人。
明治6年10月生まれ。秋田県横手の開業医。二高医学専門部在学中に正岡子規(しき)の俳句革新の動きにふれ,仙台百文会同人となり新俳句を研究。のち石井露月(ろげつ)とともに日本派俳句運動を推進。河東碧梧桐(かわひがし-へきごとう)とも交遊があった。大正2年5月13日死去。41歳。名は盛治。別号に古巣,古鐸。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

戸沢百花羞の関連キーワード大正時代百花羞明治

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android