コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸田宗見 とだ そうけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戸田宗見 とだ-そうけん

1862-1942 明治-昭和時代前期の茶道家。
文久2年9月25日生まれ。尾張(おわり)名古屋藩士戸田正寛の長男。維新後父とともに上京し,田中宗卜(そうぼく)に師事,のち裏千家13代千宗室の内弟子となる。花道にも通じ尾張の美笑流斎派家元を称した。昭和17年12月29日死去。81歳。名は孫吉。別号に即日庵,順能斎,楽翁。著作に「四季の眺」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

戸田宗見の関連キーワードレジスタンス文学森一生ガダルカナルの戦い国際オリンピック委員会東条英機内閣リーンサイゴン条約黒住教会沢正志斎第2次世界大戦