コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸賀崎熊太郎(初代) とがさき くまたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戸賀崎熊太郎(初代) とがさき-くまたろう

1744-1809 江戸時代中期-後期の剣術家。
延享元年生まれ。江戸で福井嘉平(よしひら)にまなぶ。神道無念流皆伝を得,郷里武蔵(むさし)埼玉郡上清久(かみきよく)村に道場をひらく。のち江戸麹町(こうじまち)に道場をかまえ,使用人富吉に稽古(けいこ)をつけて親の仇(あだ)討ちをさせ評判となった。文化6年5月11日死去。66歳。名は暉芳(てるよし)。号は知道軒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

戸賀崎熊太郎(初代)の関連キーワード延享カルナータカ戦争カルル13世鳥居清忠(初代)カルナータカ戦争ダゴホイの乱シェーンブルン宮殿浮絵カルナータカ戦争蕪村

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android