コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

所依 しょえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

所依
しょえ

仏教用語。事物のよりどころとなっているもの。法相宗では,心と心の働きが成り立つための3つのよりどころをあげ,それらは因縁依,増上縁依,等無間縁依 (とうむけんねんえ) であるとするなど,この語は種々に用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょ‐え【所依】

仏語。教理などのよりどころ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょえ【所依】

〘仏〙 頼るところ。よりどころ。宗派・教義の根拠。 「 -の経典」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

所依の関連キーワード金剛界曼荼羅山王一実神道律(仏教)立正佼成会農産物検査金剛経信仰両界曼荼羅浄土真宗垂加神道無量寿経阿弥陀経金光明経真言律宗孝道教団隠し念仏涅槃宗曼荼羅論理学浄土宗法華会

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android