コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

所依 しょえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

所依
しょえ

仏教用語。事物のよりどころとなっているもの。法相宗では,心と心の働きが成り立つための3つのよりどころをあげ,それらは因縁依,増上縁依,等無間縁依 (とうむけんねんえ) であるとするなど,この語は種々に用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょ‐え【所依】

仏語。教理などのよりどころ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょえ【所依】

〘仏〙 頼るところ。よりどころ。宗派・教義の根拠。 「 -の経典」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

所依の関連キーワード金剛界曼荼羅山王一実神道両界曼荼羅金剛経信仰律(仏教)立正佼成会農産物検査無量寿経阿弥陀経垂加神道金光明経真言律宗浄土真宗孝道教団隠し念仏曼荼羅論理学法華会宿曜道法華経

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android