コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

所具典 ところ ともすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

所具典 ところ-ともすけ

1791-1832 江戸時代後期の武士。
寛政3年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)彦根藩士。和歌をよくし,作品は「近世名所家集」「類題和歌鴨川集」などに収録されている。天保(てんぽう)3年8月18日死去。42歳。初名は具長,のち長典,具良。通称は藤七。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

所具典の関連キーワード総合年表(アメリカ)市川団十郎フイヤン派立法議会合衆国銀行アンファンタン日本の医学史(年表)ハモンドハモンドアービング(Washington Irving)

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android