所変われば品変わる(読み)トコロカワレバシナカワル

精選版 日本国語大辞典の解説

ところ【所】 変(か)われば品(しな)(か)わる

土地が違えば、それにしたがって風俗・習慣・言語などが違う。
※浮世草子・新小夜嵐(1715)一「咲た桜になぜ駒つなぐとこそ小歌にも歌ひつれ、所かはればしなかはる、珍しきつなぎ物と」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典の解説

所変われば品変わる

土地が変われば、いつもはあたりまえと思っていることも違ってくる。土地によって風俗や習慣・産品などはおのずから違ってくる。

[使用例] おいしいものじゃないかもしれませんが、ところ変われば品変わるで……ご主人は純日本料理がお好きなんですか[平岩弓枝*結婚のとき|1976]

〔英語〕So many countries, so many customs.(国の数だけ風習もさまざま)

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる