コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

所得介入 しょとくかいにゅうincome intervention

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

所得介入
しょとくかいにゅう
income intervention

経済のメカニズムのなかで厳密には不必要なサービスが社会制度,慣習などから不可欠なものとされ,そのサービスを提供する職業が成立し,その所得が増大して,経済各部門との釣合いがとれなくなり,経済全体としての効率を低下させること。 J.シュンペーターによって用いられた概念。彼はアメリカにおける弁護士業を代表的な例としてあげている。日本では都留重人金融機関の所得を所得介入の顕著な例としてあげた。すなわち金融機関の利子は本来資金の効率的配分のための計算単位のみで十分であるとの見地から,日本のように金融機関の所得が非常に大きいのは必要以上の所得介入が行われているためであると主張した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android