コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手が上がる テガアガル

デジタル大辞泉の解説

手(て)が上(あ)が・る

芸事などの技が上達する。腕が上がる。「料理の―・る」
書の技量が上がる。「―・って入選する」
飲酒の量が増える。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

手が上がる

仕事や習いごとが上になる。また、飲む酒の量が増えることもいう。「手」は、物事をする能力、腕前。「腕を上げる」は、修業の結果、技量がより良くなること。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

大辞林 第三版の解説

てがあがる【手が上がる】

技量が進む。特に、字が上手になる。
酒量がふえる。
お手上げになる。 「こなたのやうに言ひ立つれば、詫言の手はあがれども/浄瑠璃・二つ腹帯」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

手が上がるの関連キーワード同じゅうするぼうっと左義長火の手上がる芸事

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手が上がるの関連情報