コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手をつなぐ子等 テヲツナグコラ

デジタル大辞泉の解説

てをつなぐこら【手をつなぐ子等】

田村一二(いちじ)の小説。特異児童の教育に取り組む教師の姿を描く。昭和18年(1943)発表。昭和23年(1948)、稲垣浩監督により映画化。脚本、伊丹万作。出演、笠智衆、初山たかしほか。昭和39年(1964)には羽仁進監督によりリメークされた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

手をつなぐ子等

1948年公開の日本映画。監督:稲垣浩、原作:田村一二、脚色:伊丹万作、撮影:宮川一夫。出演:初山たかし、長門裕之、宮田次郎、太田多壽雄、徳川夢声、笠智衆、杉村春子ほか。第3回毎日映画コンクール男優演技賞(笠智衆)受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

手をつなぐ子等の関連キーワード忘れられた子等手をつなぐ子ら伊丹 万作宮川 一夫笠 智衆稲垣 浩

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android