容喙(読み)ヨウカイ

デジタル大辞泉の解説

よう‐かい【容×喙】

[名](スル)くちばしを入れること。横から口出しをすること。差し出口。「他人が容喙すべき問題ではない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ようかい【容喙】

( 名 ) スル
〔「喙」は、くちばし〕
横から口を出すこと。くちばしを入れること。 「私の-する限ではないが/坊っちゃん 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

よう‐かい【容喙】

〘名〙 当事者でないものが横あいから差し出口をすること。口ばしをいれること。容嘴(ようし)
※徂徠集(1735‐40)二〇「趣向不同、豈更容喙乎」
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉四「他人が妄りに容喙するべき筈の者ではありませんからな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

容喙の関連情報