コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手柄山正繁 てがらやま まさしげ

1件 の用語解説(手柄山正繁の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

手柄山正繁 てがらやま-まさしげ

1760-1830 江戸時代中期-後期の刀工。
宝暦10年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)手柄山の人。白河藩主松平定信の抱え工となり,大坂から江戸にうつる。手柄山の姓をあたえられる。享和3年甲斐守(かいのかみ)。銘は「奥州白河臣手柄山正繁」など。文政13年7月5日死去。71歳。本姓は三木。初名は氏繁。号は丹霞斎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

手柄山正繁の関連キーワード山県周南前古典派音楽民衆を導く自由の女神ペロー鶴沢寛治(4代)成島錦江田中伝左衛門シャルル赤と黒お蔭参り

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone