手袋の婦人

デジタル大辞泉プラスの解説

手袋の婦人

フランスの画家カロリュス・デュランの絵画(1869)。原題《La dame au gant》。『手袋をつけた夫人』とも呼ばれる。19世紀末に肖像画の分野で活躍したデュランの代表作の一つ。スペインへの旅行後、間もなくして描かれた作品で、ベラスケスをはじめとするスペイン美術の影響を受けている。パリ、オルセー美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android