コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手話通訳士 しゅわつうやくし

3件 の用語解説(手話通訳士の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

手話通訳士
しゅわつうやくし

手話音声言語を読み聞きし,聴覚障害者聴覚障害のない人との間で意思伝達を仲介する,厚生労働省に資格認定された通訳者。手話通訳技能認定試験に合格し,手話通訳士として登録する必要がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅわつうやく‐し【手話通訳士】

社会福祉法人聴力障害者情報文化センターが実施する手話通訳技能認定試験に合格し、手話通訳士の登録を行った者、およびその資格名称。厚生労働大臣認定資格。手話技術によって、聴覚障害者と健聴者(聴覚に障害のない人)が円滑にコミュニケーションをはかれるように支援する。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅわつうやくし【手話通訳士】

手話の知識と技能を用いて、耳の聞こえない人と聞こえる人の意思疎通を仲立ちする者。厚生労働大臣が認定する資格。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

手話通訳士の関連情報