コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手話 しゅわ sign language

翻訳|sign language

7件 の用語解説(手話の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

手話
しゅわ
sign language

手の位置,手の形,手の動きなどを組み合わせて意味を伝える表意記号で,おもに聾者(→聾唖)が用いるコミュニケーション手段の一つ。単なる身ぶり記号の組み合わせではなく,いくつかの言語的な特徴を備えた意思伝達のシステムである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

手話

障害者権利条約や障害者基本法で「言語」として明示されているが、施策を規定した法律はない。全ての地方議会で国に「手話言語法」の制定を求める意見書が採択され、4日時点で6県と41市町で手話施策の推進をめざす条例が成立している(全日本ろうあ連盟まとめ)。3月10日時点で厚生労働相が公認する手話通訳士は3402人(聴力障害者情報文化センターまとめ)。

(2016-04-06 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐わ【手話】

主として耳や口の不自由な人が手を使ってする話。手と腕の動きやその形・位置によって概念を表し、意思を伝達する。→手話通訳士

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

手話【しゅわ】

聾者のコミュニケーションに使用されている,身ぶりを中心とした視覚的・動作的言語。また,聾教育の方法の一つとして用いられる。フランス人エペーが18世紀に世界最初の聾学校を開設した際に,体系的手話を始めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しゅわ【手話 sign language】

聾者に使用されている,身ぶりを中心とした視覚的・動作的言語。音声言語の習得に障害をもつ聾者は,古くから身ぶりを伝達の主要手段としていた。その身ぶりは,眼前の事物や状況の伝達に限られ,また,それ以上の役にはたたなかったが,聾者の相互交渉の機会が多くなり,その生活空間が拡大するにつれ,共通性の高い,体系だった身ぶりの必要性が生じてきた。こうした機縁をつくったのが聾学校の開設である。18世紀の中葉,エペーCharles Michel,Abbé de l’Epée(1712‐89)によって世界最初の聾学校がパリに創設された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しゅわ【手話】

聴覚障害者の言語。手や指の動きを中心として、頭、表情、口、上体などの動きによって表現され、視覚によって理解される。音声言語とは異なる文法構造をもつ一方で、あらゆる言語に共通する特徴は、すべて備えている。音声言語を視覚的に表現する手段の一つとして、手話の単語を用いるシムコムを含めていう場合も多い。 → シムコム

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

手話
しゅわ

手と腕の動き、手の形や位置で、特定の概念(たとえば「山」、「泳ぐ」など)を表す表意記号である。手話は主として重度聴覚障害者が用いる言語で、聾者(ろうしゃ)の母語ともいわれる。手話言語では、手話が表出される空間内の位置や顔の表情、顔や身体の動きなどによる情報も積極的に用いられる。手話の語数は、日本では従来、3000~4000といわれ、重度聴覚障害者はこれらの手話を組み合わせて、思いや考えを伝達する。1980年代以降、重度聴覚障害者の社会的活動の広まりや、高等教育への進出などから、新たな手話がつくられ、数万語に達しているともいわれている。古くから重度聴覚障害者の生活の場で使われてきた手話を「日本手話」といい、教育の場を中心に日本語の文法に対応して使われる手話を「日本語対応手話」という。また、重度聴覚障害者と健聴者とのコミュニケーションでは、これらの手話の中間的な形のものが用いられる場合も多く、これは「中間型手話」とよばれる。
 また、日本語の五十音(仮名文字)を片方の手の指で表す、指文字(ゆびもじ)も手話に含まれることがある。一般に指文字は、手話や口話と組み合わせて使われ、手話と指文字の使用を「手指法(しゅしほう)」ということもある。
 手話は、教育の場や福祉などの公共の場で広く使用され、いっそうの広がりをみせている。これらの場では、手話通訳者が重要な役割を果たすが、充分な確保は難しいといった状況もある。[草薙進郎・四日市章]
『手話コミュニケーション研究会編『新・手話辞典』第2版(2005・中央法規出版) ▽全日本ろうあ連盟編『わたしたちの手話シリーズ』(各年版・全日本ろうあ連盟出版局)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の手話の言及

【口話法】より

…以後,消長があったが,1840年ころドイツのヒルFriedlich Moritz Hill(1805‐74)により,日常生活の中で周囲の事物を見たり触れたりしながら母親に話しかけられ,自然に言葉を理解し話すことを学ぶという,普通児と同じ方法で聾啞児に言葉を発達させる原理――母親法の原理,直観法の原理,話し言葉を言語の基礎とする原理,初めから話すことを教授の手段とする原理など――が確立され,聾教育における口話法体制が成立した。特に1880年のミラノにおける第2回国際聾教育者会議で,口話法の優秀さとその採用が決議されて以来,口話法は各国で優勢となり,手話法や手話と口話の併用法を圧倒するようになった。もっとも,アメリカでは口話法と併用法の併立が続いた。…

【コミュニケーション】より

…すなわち,ヒトは直立することによって気道の自由な開閉が可能になり,有節音の発声ができるようになったのだという。実際,チンパンジーにヒトの音声言語を習得させることはできないが,1970年以来の多くの研究によってチンパンジーが手話を覚え,絵札や鍵盤による人造語を習得する能力のあることがわかった。すなわち,平叙文ばかりか疑問文や仮定法までも理解し,つくり,表出する能力があるという。…

【手】より

… 身ぶり語の中で手による意思や感情の表現は多く,手や指が同じ形でも各民族によってその意味は異なる。聾啞(ろうあ)者の手話は手指の形と動きによって抽象的な観念も伝達できるまでに発達しているが,語順など文法の多くは口語に基づいており,各言語によって同一の意味を現す手の形や動きの違う場合が多いので,手話にも翻訳が必要である。インド古来の舞踊は手の表意を重視しているが,日本の文楽や能も顔の表情に頼らず,手や指の微妙な運動に技巧を凝らしている。…

【指】より

…握った示指と中指の間から拇指を出したり,片手の拇指と示指のつくる輪の中に他側の示指を出し入れするしぐさが,もっぱら性器や性交を示すなどとあるが,前者はすでに,シェークスピアの戯曲にも侮べつと性的罵倒(ばとう)のしぐさとして見られる。これらの身ぶり語を手話として体系化することは,17世紀にスペインで始められ,18世紀中葉パリに世界初の聾学校を建てたエペーによって本格的に整備されたといわれる。両手の指でアルファベットを表す方法で,やがてヨーロッパ各地に広がり,指による表意の方法を加えて改良を重ね,現在に及んでいる。…

※「手話」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

手話の関連キーワード視覚障害視聴覚聴覚障害聴覚障害者聴覚器官聴覚口話法聴覚障害者標識聴覚障害2級ろう学校被災した東北3県の聴覚障害者

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

手話の関連情報