コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輿 コシ

8件 の用語解説(輿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こし【×輿】

人を乗せる、屋形の下に2本の轅(ながえ)をつけた乗り物。轅を肩に担ぐ輦(れん)と、腰の辺りにささげ持つ手輿(たごし)に大別され、身分の上下によって、鳳輦(ほうれん)・葱花輦(そうかれん)・四方輿・網代輿(あじろごし)・板輿などの種類がある。
みこし。神輿(しんよ)。
2本の轅に棺桶を載せて担ぐ葬具。

よ【輿】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ヨ(呉)(漢) [訓]こし
何人かで担いで運ぶ乗り物。こし。かご。「肩輿車輿乗輿神輿(しんよ)鸞輿(らんよ)輦輿(れんよ)
万物をのせる台。大地。「輿地坤輿(こんよ)
大ぜいの。「輿望輿論
[難読]神輿(みこし)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

輿【こし】

屋形(やかた)に人を乗せ,その下についた轅(ながえ)を手でつりあげ,またはかついで運ぶ昔の乗物。元来は天皇,皇后,斎宮(さいぐう)のみの乗物で,肩でかつぐ輦(れん)と手で運ぶ腰輿(たごし)とがあり,輦をかつぐ者を駕輿丁(かよちょう),腰輿を運ぶ者を力者(ろくしゃ)と呼んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

葬儀辞典の解説

輿

棺をのせて運ぶもの。平安時代から使われてきましたが、大正時代に入ってからは輿をかたどった霊柩車が使われるようになりました。

出典|葬儀ベストネット
Copyright Interlink. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、内容は地域・宗派によって異なる場合があります。

世界大百科事典 第2版の解説

こし【輿】

人が肩で担ったり手で持って運ぶようにした乗物。養老職員令主殿条や延喜内匠式等には,天皇が乗用するものとして供御輿輦や御輿,御腰輿の名が見える。平安時代の公家の日記に〈我朝,帝王,皇后,斎王の外,輿に乗る人無し〉と記されているように,輿は天皇,三宮,斎宮などが用いるものであった。後には公家も用いたが,一般には牛車(ぎつしや)をおもに用いた。武家は公家とは反対に車を用いないで輿を用い,室町時代には家格の高い者に将軍が輿を用いることを特許する制度が生じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こし【輿】

二本の轅ながえに屋形を乗せて人を運ぶ乗り物。肩に担いだり腰の辺りに手で支えたりした。平安時代には、天皇・皇后・斎宮などに限られ、鳳輦ほうれん・葱花輦そうかれんや腰輿たごしなどが主なものであったが、平安後期以後、使用者の範囲も広がり、種類も増えた。
棺をのせる上輿あげごしの称。
神輿しんよ。みこし。

よ【輿】

こし。たごし(手輿)。 「ゆる〱-を舁かせて来たので/寒山拾得 鷗外

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

輿
こし

屋形・箱に人を乗せ、長柄(ながえ)を肩で担ぐ肩輿(あげこし)(後世、長柄輿という)と、長柄に紐(ひも)を結んで肩からかけて手で腰に支える腰輿(ようよ)(手輿(たごし)ともいう)がある。乗り手は、貴人から庶民、罪人護送、神仏体の送迎、葬送の棺などにわたる。文献的には『日本書紀』垂仁(すいにん)天皇の条に記載されているのが輿のもっとも古いもので、大宝令(たいほうりょう)では天皇の使用のほか、皇后・斎王に限定され、平安後期に及んだころより上皇をはじめ公卿(くぎょう)以下でも乗用するようになった。これは悪い条件の道路を牛車(ぎっしゃ)より簡便で機能的な輿に頼ったからであろう。
 鎌倉時代になると武家においても乗用するようになり、文治(ぶんじ)2年(1186)11月、5歳の源頼家(よりいえ)が鶴岡八幡(つるがおかはちまん)の参詣(さんけい)に輿に乗ったのをはじめとして代々の将軍が乗用したことが『吾妻鏡(あづまかがみ)』に記載されている。室町時代には輿の使用に関する制度を設け、江戸幕府も乗輿の制を設け、御三家(ごさんけ)をはじめとして特定な家格の者に限って乗輿を認めた。[郷家忠臣]

種類

(1)鳳輦(ほうれん) 鸞輿(らんよ)ともいい、天皇が即位、大嘗会(だいじょうえ)、朝覲(ちょうきん)などの晴の行幸に使用するもっとも重んぜられるもので、屋形の頂に金色の鳳の形を据えているところから名づけられる。
(2)葱花輦(そうかれん) 単に花輦ともいい、屋形の頂に先のとがった丸い葱花に似た形を据えているのでいう。鳳輦よりも軽い臨時略式や諸社寺行幸(春日(かすが)・日吉(ひえ)の2社を除く)などに用い、また皇后・斎宮(さいくう)も用いた。
(3)腰輿 非常の場合の天皇乗用具で、内裏(だいり)炎上とか地震の災害や方違(かたたがえ)、にわかの行幸に使用した。
(4)網代輿(あじろごし) 平安後期より貴族が使用するようになり、のち制限が生じ、親王・摂関(せっかん)・清華の家格に限られた。網代車の車輪をとって轅(ながえ)をつけた形のもので、文献に車輿(しゃよ)とある。青竹を細く削って網代に組み、外側に張ったもので、初め腰のあたりで持つ形であったが、室町時代以後は轅を長くして肩に担いだ。担い手は力者(りきしゃ)という僧体の6人からなる。
(5)四方輿(しほうこし) 網代を張っているが、四方に簾(すだれ)がかかっているのでいう。鎌倉中期ころ現れ、上皇、摂関、大臣はじめ公卿や僧綱(そうごう)などが遠方に赴く場合に用いたが、形式は、僧侶(そうりょ)の輿は棟を高くし、屋根を反らした雨眉(あままゆ)形で、俗人の輿は棟を山形にした庵(いおり)形にして区別する。手輿と同じく担ぎ、板輿(いたこし)ともいう。
(6)小輿(しょうよ) 台座と高欄とからなり、屋根のない作り。最勝会(さいしょうえ)の講読師が乗用した。
(7)張輿(はりこし) 莚(むしろ)を張った輿で、罪人の公家(くげ)を護送するときに用いた。
(8)塗輿(ぬりごし) 漆を塗った輿で、公家の乗り物は庇(ひさし)付きで、武家と僧侶のものは庇がない。略儀的に用いられたが、江戸時代にはよく用いられるようになった。
(9)白輿(しらこし) 白木作りの輿。
 このほか、神輿(しんよ)や舎利輦(しゃりれん)など宗教用具に転用した場合がある。[郷家忠臣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の輿の言及

【駕籠】より

…人を竹で編んだ〈かご〉にのせ2人が1本の長柄で前後をかつぐ乗用具。籠,駕,轎,籃輿の字があてられる。安土桃山時代ごろまでは,乗用具として牛車のほか,2本の柄の上に台をのせた輿(こし)があった。…

※「輿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

輿の関連キーワード肩輿逆とったり鷺相撲手花火ぶよぶよ下げ輿持帰り持運ぶ捕ったり

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

輿の関連情報