コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナガエ

大辞林 第三版の解説

ながえ【轅】

〔長柄ながえの意〕
馬車・牛車ぎつしやなどの前に長く出した二本の棒。その前端に軛くびきをわたして牛馬にひかせる。 → 牛車

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のの言及

【車】より

…実際は殷時代から存在していたことが,安陽小屯(河南省安陽市郊外)から発掘された殷時代の車馬坑(馬車遺跡)から明らかである。殷から戦国時代にかけては,二つの車輪に1本の轅(ながえ),その両側に1対の馬をつなぐ馬車が一般であり,それは戦車としての機能を果たしていた。出土の車馬坑などからみると,当時の軍隊は戦車5両で一隊を形成し,1両につき戦車兵3人,歩兵5人がつき,5両で計40人からなる編成をもち,それが軍隊の中核でもあった。…

※「轅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

轅の関連キーワード掻き下ろす・搔き下ろす打ち下ろす・打下ろす軛・頸木・衡・頚木立て砂・立砂掻き下ろす先輿・前輿腰車・輿車下ろし立つ武侯祠ほうと鴟の尾下げ輿釣り輿陣門黄帝轅下輿台鳳輦四詩後輿

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

轅の関連情報