コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手長蛸 テナガダコ

デジタル大辞泉の解説

てなが‐だこ【手長×蛸】

マダコ科のタコ。浅海の泥底に穴を掘ってすむ。全長約60センチ。胴に比べて腕が長い。第1腕は特に長く、頭胴長のおよそ5倍ある。食用。あしながだこ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てながだこ【手長蛸】

タコの一種。全長70センチメートル 内外になるが、そのうち腕の長さが60センチメートルほどで、腕が胴に比べてきわめて長い。食用。また、延縄はえなわ漁業で餌えさにする。日本近海の泥の多い浅海にすむ。アシナガダコ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

手長蛸 (テナガダコ)

学名:Octopus minor
動物。マダコ科のタコ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android