手風(読み)テカゼ

デジタル大辞泉の解説

て‐かぜ【手風】

手を動かすにつれて生じる
「とき結ぶ―にいたくほころびて花の下紐解けにけるかな」〈朝光集〉

て‐ぶり【手風/手振り】

ならわし。風習。風俗。
「天離(あまざか)る鄙(ひな)に五年住まひつつ都の―忘らえにけり」〈・八八〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

て‐かぜ【手風】

〘名〙 手を振るにつれて生じる風。手の動きによって起こる風。
※朝光集(995頃)「とき結ぶてかぜにいたくほころびて花の下紐解けにけるかな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報