コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流俗 リュウゾク

デジタル大辞泉の解説

りゅう‐ぞく〔リウ‐〕【流俗】

世間の風俗、習慣。
「是れも世の中の―として遠方から眺めて居れば」〈福沢福翁自伝
世俗の人。俗人。また、俗世間。
「―の嗜欲(しよく)を遠ざけているかの様に」〈漱石三四郎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りゅうぞく【流俗】

世間一般の風習。風俗。世俗。
世間の人。俗人。また、世間。 「 -の外に超出すること/伊沢蘭軒 鷗外」 「世外の功名心の為めに、-の嗜欲を遠ざけてゐるかの様に思はれる/三四郎 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android