コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打ち囃す ウチハヤス

デジタル大辞泉の解説

うち‐はや・す【打ち×囃す】

[動サ五(四)]
太鼓などを打って調子をとる。「鉦(かね)や太鼓を―・す」
はやしたてる。おだてあげる。「仲間から―・される」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うちはやす【打ち囃す】

( 動四 )
「囃す」を強めていう。 「かね・太鼓・笛・つづみにて-・し/三河物語 1
わいわいと騒ぎ立てる。はやし立てる。 「太鼓衆に-・されて、鼻の先うぞやき/仮名草子・浮世物語」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

打ち囃すの関連キーワード七種を囃す浮世物語

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android