コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

技能労働者 ぎのうろうどうしゃ

大辞林 第三版の解説

ぎのうろうどうしゃ【技能労働者】

一定の熟練技能を身につけて作業をする労働者。大工・とび職・機械組立工など。技能工。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

技能労働者
ぎのうろうどうしゃ

直接的生産過程に従事する一定の熟練(技能)を身につけた労働者。技能工ともいう。技術革新とともに生産工程で必要とされる技能の性格は変化した。かつては長い年月をかけて培われた経験と勘による熟練が大勢を占めたが、現代ではオートメーションやコンピュータの生産工程への導入によって手先の熟練のウェイトは低下し、かわって科学的知識や理解力、事故などの緊急事態に対処できる総合的判断力などが重要になっている。今日、技能形成の道として、専門学校、公共職業訓練施設のほかに企業内教育訓練とくにOJT(on the job training、仕事につきながらの訓練)が重要な位置を占めている。[伍賀一道]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

技能労働者の関連キーワード日本生産技能労務協会建設ロボット職種別賃金雇用対策法港湾荷役モスクワ型枠工

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

技能労働者の関連情報