コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

把笏 はしゃく

1件 の用語解説(把笏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はしゃく【把笏】

威儀を備えるために(しやく)をもつ服制のひとつ。中国では古くから把笏の制度があり,もともとは覚書などを記して備忘用としての意味をもっていた。日本では,大宝令まで把笏の規定がなかったと推測され,養老衣服令で初めて把笏が規定されたが,実態的には大宝令制下719年(養老3)2月,はじめて職事官(しきじかん)に把笏が命ぜられ,五位以上の貴族官僚は牙笏(げのしやく),六位以下は木笏(もくしやく)をもつと区別された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

把笏の関連キーワード威儀師威儀を正す斎場従威儀師服制威儀の女房威儀の物儀刀締り備え纛幡

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone