橋戸信(読み)ハシドシン

デジタル大辞泉の解説

はしど‐しん【橋戸信】

[1879~1936]野球選手・新聞記者。東京の生まれ。早大遊撃手として活躍し、明治38年(1905)日本初の米国遠征に参加。帰国後は橋戸頑鉄(がんてつ)の筆名各紙に野球批評を執筆する。昭和2年(1927)都市対抗野球を創設。この大会での最優秀選手賞「橋戸賞」にその名を残す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

橋戸信
はしどまこと
(1879―1936)

野球選手。東京都出身。青山学院中等部から1902年(明治35)早稲田(わせだ)大学入学、同年秋から野球部第2代目の主将。1905年春の初渡米の際にも主将兼遊撃手として、チームを率いて活躍した。アメリカから帰国後、安部磯雄(あべいそお)部長の勧めにより、遠征で得た新しい野球技術を紹介するため『最新野球術』という解説書を書く。卒業後、萬朝報(よろずちょうほう)、朝日新聞、毎日新聞の運動記者として活躍、「頑鉄(がんてつ)」のペンネームで一世を風靡(ふうび)した。1927年(昭和2)に開始された全国都市対抗野球大会の開催は、橋戸の努力によるもので、彼の尽力を記念して大会の最高殊勲選手に「橋戸賞」が贈られることになっている。1959年野球殿堂(野球殿堂博物館)入り。[神田順治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

橋戸信の関連情報