コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橋戸信 ハシドシン

3件 の用語解説(橋戸信の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はしど‐しん【橋戸信】

[1879~1936]野球選手・新聞記者。東京の生まれ。早大の遊撃手として活躍し、明治38年(1905)日本初の米国遠征に参加。帰国後は橋戸頑鉄(がんてつ)の筆名で各紙に野球批評を執筆する。昭和2年(1927)都市対抗野球を創設。この大会での最優秀選手賞「橋戸賞」にその名を残す

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

橋戸信
はしどまこと
(1879―1936)

野球選手。東京都出身。青山学院中等部から1902年(明治35)早稲田(わせだ)大学入学、同年秋から野球部第2代目の主将。1905年春の初渡米の際にも主将兼遊撃手として、チームを率いて活躍した。アメリカから帰国後、安部磯雄(あべいそお)部長の勧めにより、遠征で得た新しい野球技術を紹介するため『最新野球術』という解説書を書く。卒業後、萬朝報(よろずちょうほう)、朝日新聞、毎日新聞の運動記者として活躍、「頑鉄(がんてつ)」のペンネームで一世を風靡(ふうび)した。1927年(昭和2)に開始された全国都市対抗野球大会の開催は、橋戸の努力によるもので、彼の尽力を記念して大会の最高殊勲選手に「橋戸賞」が贈られることになっている。1959年野球殿堂(野球殿堂博物館)入り。[神田順治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

橋戸信の関連キーワード数学基礎論電球デーデルライン陸軍省ジョージ人民戦線トヨダAA型浪華悲歌日本映画織田純一郎

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone